「最速で相手と打ち解けたい!」ならばアレをネタにして話せばいいのかもしれない

暮らし/人間関係

なんかスッキリしないタイトルですみません(笑)

皆さんは初対面の人と打ち解けるのは得意ですか?

僕は何せ根っからの内向人間なもので、初対面の人はもちろん、基本人と打ち解けるのが苦手なもので。

人の心を開いていくのって難しいなと思ったりします。

そんな僕みたいな内向的な人間も、逆に内向的な人の心も開きたい人も(?)使えるんじゃないかというテクニックをまとめてみました。

スポンサーリンク

①親近感を与えて打ち解ける

1つ目は親近感を与えていくこと。

「人の心を開かせたいならまずは自分から」なんて言いますが、ここで最初に自分をネタにして雑談をしていく感じです。

例えば、2002年にスタンフォード大学が学生100人を対象に行った研究だと以下のような結果が出ています。

  • メールや電話で寄付のお願いをする時に最初に自分をネタにした雑談を挟んだ場合、何もせずいきなり寄付のお願いをした時と比べて寄付してくれる確率が20%高まった

最初に雑談を挟んだだけで20%アップというのは、手軽な割に結構いい感じなのではないでしょうか。

ちなみにこの雑談は、天気の話のようなありきたりなものではなく、「自分をネタにする」のがポイントなようです。

例えば、以下のような話題です。

  • 自分の弱みやマイナス面
  • 自分の心配ごと
  • 自分が幸せに感じるもの
  • 過去の恥ずかしかった経験や罪悪感を覚えた経験
  • 自分の趣味や関心ごと、楽しいと感じているもの

ネガティブであれポジティブであれ、自分をネタにしていくのがいいみたいですね。

まあとはいえ話過ぎてしまったり、あまりにも自虐ネタなネタにはしない方がいいとは思いますが。

②相手に自信を持たせる

2つ目は相手に自信を持たせること。

つまり、相手を褒めることです。

これが有効なのは、人は自分の行動を後押ししてくれる人に好意を抱くようになるからです。

この誉める時にも注意点があり、

  • 他人との比較をしない
  • 相手の能力や才能を誉めない
  • 誉めるのは、相手の努力や成長、そのプロセス

さらに相手を誉める時に、過去と現在を比較して誉めるとより効果的なようです(前は〇〇だったけど◇◇になったよね!的な)。

こうしてその人自身が自覚していなかった変化や強みを、誉める事で発見できるようになると効果抜群だということ。

自分のポジティブ変化って、結構自分自身では気づきにくいですからね。

こうして他人との比較や才能のような自分でコントロール出来ない部分ではなく、努力等自分でコントロールできる部分を誉める。

そしてその過程での変化に焦点を当てて誉める。

という感じで行きましょう。

また、そうは言っても「相手を誉めるのは恥ずかしい!」みたいな人もいるんじゃないかと思います。

後は相手によっては「誉めるなんてとんでもない!」とか思うような事とか。

そういう時は、相手にアドバイスを求めるもいいかなと思います。

「頼りにされている」という感覚もまた、相手に自信を持たせる事につながっていくかと思うので。

③共通点を見出す

3つ目が相手との共通点を見つけて話す事です。

「共通点があると仲良くなれる」みたいな話がありますが、これは本当に効果があるようで、例え些細なものであっても、共通点があると相手の話に耳を傾け、受け入れる確率が2倍になるそうです。

ほんの些細な事でも2倍になるというのは、かなりの効果なのではないでしょうか。

人の心を開いて打ち解けるには、身近で気軽に話しかけられる存在だと思ってもらう事が重要。

そういう意味でも、相手との共通点を印象付けられるといいのかなと思います。

まとめ

そんな感じで、人と打ち解けていくために使えそうなテクニックをまとめていきました。

  • 自分をネタにした雑談で、親近感を与える
  • 相手の努力やプロセスを褒めたり、アドバイスを求めることで相手に自信を持たせる
  • 相手との共通点を見出し、親しみやすさを感じてもらう

というのがいいんじゃないかというお話でした。

初対面の人でもそうでなくとも、「この人と打ち解けたい!」って時に試してみてください。

そんなところで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました