【要約】これであなたも百長寿!?脳と体と心のアンチエイジング『不老長寿メソッド』①

ヘルスケア/メンタルケア

本書の目的は、彼らのように“常識を超えた若さ“を保ち続ける人々のライフスタイルを参考に、科学の視点からアンチエイジング(抗老化)の要点を学ぶことです。

その過程で、あなたの心と体が持つポテンシャルを最大限に引き出し、サルデーニャ島の百寿者並みに人生を楽しむための下地を作り上げるのがゴールとなります。

ありがたいことに、ここ十数年でヒトの老化に対する理解が格段に進み、外面と内面を共に若く保つためのポイントが明らかになってきました。

もちろんすべての生物にとって「老い」は避けられない運命ですが、ある程度までなら時間の針を巻き戻すことはできるのです。

出典:『不老長寿メソッド』

閲覧ありがとうございます!

  • 歳を取ったら過ぎたら太りやすくなるし、痩せにくくなる
  • 歳を取ったら頭が回らなくなるし、記憶力も落ちる

例えばこんな話、皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

何とも恐ろしい話ですが、人間も生き物である以上、「老い」という運命を避ける事は出来ない。

しかし一方で、年齢の割に見た目が若い人や活力がある人、実際「体年齢」「肌年齢」等で実年齢より若い数値が出る人がいるのもまた事実。

皆さんの周りにも、実年齢よりも若く見える人がいるのではないでしょうか。

また、冒頭の引用文にもあるサルデーニャ島の人々は、世界でも屈指の超長寿エリアであり、統計によれば100歳以上の老人の割合が一般的な先進国の10倍もいるというデータがあります。

しかもただ長生きなだけではなく、寝たきりの老人はほとんどおらず、皆朝から活発に動き回り、歳をとっても人生を思いっきり謳歌しているそうです。

彼らと普通の人との違いはどこにあるのでしょうか。

また、それらを知って生活に取り入れることで、私たちも彼らのような若さを手に入れることは出来るのでしょうか。

そんな問いに答えたのが、鈴木裕さんの著書である『不老長寿メソッド』です。

アンチエイジングという観点では、この一冊を読めば十分というくらいとても内容の濃い良い本だったので、皆さんにもその一部を簡単にご紹介します!

この本は以下のような人におすすめです!

  • 色々なアンチエイジングの方法を試しているけど、今ひとつ効果が実感出来ない
  • アンチエイジングの方法があり過ぎて何を選べばいいか分からない
  • どういう仕組みで老化が起きるのか知り、対処していきたい

また、今後も以下のような人に向けて本要約の記事を上げていきます!

  • どんな内容の本なのか簡単に知りたい
  • 内容を見てから買うかどうか決めたい
  • 何か面白そうな本がないか探している
スポンサーリンク

著者の紹介

著者の鈴木裕さんは、慶應大学を卒業後、出版社勤務を経て独立。

現在は10万本以上の科学論文の読破と600人以上の学者や専門医のインタビューを重ねながら、サイエンスライターとして書籍や雑誌の執筆を手掛けています。

16歳の頃から年間5,000本もの科学論文を読んでいることから、「日本一の文献オタク」を自称されているほどです。

著書には今回紹介する『不老長寿メソッド』以外にも、『最高の体調』『ヤバい集中力』『超ストレス解消法』『科学的な適職』『無(最高の状態)』など、健康・心理・科学に関する知見に基づいた書籍を多数執筆されています。

そんな数々の科学的知見をもつ鈴木さんによって、アンチエイジングの理論とあらゆる観点からの具体的な実践方法が書かれた『不老長寿メソッド』

次からこの本の中でも特に個人的に面白いと思った部分を中心に、ざっくり解説していきます!

ちなみに『科学的な適職』『ヤバい集中力』『無(最高の状態)』については当ブログでも紹介しているので、良かったらこちらも見てみてください!

本の概要

この本は著者の鈴木裕さんにより、科学的根拠に基づいたアンチエイジングを実践する上での要点が書かれた本です。

「理論編」「実践編」「ロードマップ編」にそれぞれ別れており、アンチエイジングに関する理論と実践、また実践に使える具体的な商品までが一通りわかる内容となっています。

この本に書かれている内容を実践することで、具体的に下記の観点で効果が期待出来るとされています。

  • 見た目を若くする(肌や体型)
  • 脳機能やメンタルの改善
  • 体力の向上

この本に書かれている事を全て実践するのは結構大変なので、これらの中で特に改善したいものに絞って実践するもありだと思います!

ちなみにこの記事でもこれから紹介する「食事」「運動」「睡眠」についての内容は、上記全てに効果があるとされています!

【本書の結論】適度な苦痛と徹底的な回復の繰り返しが、アンチエイジングの原則である

まずは本書の結論からです。

  • 正しいアンチエイジングの原則は、「①適度な苦痛を与える」「②徹底的に回復する」を何度も繰り返す事にある。
  • そのためには、食事・運動・睡眠といった習慣の要点を抑え、日々の生活に取り入れていく事が重要。

次から詳しく紹介していきます!

STEP1:適度な苦痛を与える

「適度な苦痛を与える」を考えるにあたり現時点で最も有効な考え方として「ホルミシス」があります。

これは「すべての物質は、少量であれば刺激し、適量であれば抑制し、多量であれば殺傷する」という考え方です。

つまり、本来は有害なものであっても、少量であれば良い効果を生むこともあるということになります。

もちろんパワハラのように極度な苦痛を与えることは論外ですが、適度な苦痛を意図的に自分に与えることが、アンチエイジングを実践する上での第一歩です。

では、適度な苦痛を与えるためには具体的には何をすれば良いのでしょうか。

ポイントはいくつかありますが、当記事では「運動」と「食事」の2点についてご紹介します!

適度な苦痛を与える「運動」

まずは運動からです。

「適度な苦痛」と聞いて、わかりやすいのが運動でしょう。

運動による効果は本書にも書いてありますが、

たとえば1日15分の激しいエクササイズをするだけでも、心疾患の病気で死亡する確率を45%、全死亡率を30%を減らすほどの効果を得られます。

出典:『不老長寿メソッド』

激しめの運動を日常的に行うことが出来れば理想的ではあるのですが、簡単なウォーキング等を取り入れるだけでも効果を得ることができます。

運動によるメリットは他の本でも詳しく紹介されているので、そのうちブログでも紹介しますね。

本書では7つの運動方法が紹介されていましたが、ここではその一部抜粋してお伝えします。

ウォーキング

手軽さと効果のバランスがとても良いのがウォーキングです。

ある程度の効果を得るには1日20分ほど、大きな効果を得たいのであれば1日60分を目安に実践することがオススメです!

ウォーキングについては以下の記事でより具体的にまとめているので、ご参考までに。

HIIT-WB

あまり聞き慣れない言葉ですが、運動によるメリットを享受することが出来て、しかも短時間で終わるというなかなか凄い運動方法が、この「HIIT-WB」です。

「①20秒間運動する」「②10秒間休憩する」のサイクルを計8回、全部で4分間で実施します。

  1. バーピージャンプ
  2. マウンテンクライマー
  3. スクワットラスト
  4. ジャンピングジャック

この「HIIT-WB」の凄い点は、たった4分間にも関わらず、1日30分のランニングと同じくらい心肺機能を鍛えることができて、しかも同時に筋力も鍛えることができる点です。

ただしかなり激しめの運動になるため、もしやるのであればくれぐれも無理のない範囲で実践しましょう。

いきなり完璧に実践しようとはせず、自分の体力と相談しながら徐々に取り入れていくことが重要です。

適度な苦痛を与える「食事」

適度な苦痛を与える食事として、「AMPK食事法」というものがあります。

AMPKとは燃料センサーのような役割を持つ酵素の一種です。

AMPKが起動することで肉体の最適化が行われ、糖や脂質の代謝をうまくコントロールすることができるようになり、結果体を若返らせることが出来ます。

AMPK食事法のポイントは下記2つです。

  1. フィトケミカルの導入
  2. ファスティング(断食)の実践
フィトケミカルの導入

フィトケミカルは下記のページ等でも紹介されていますが、植物が有害なものから身を守るために作り出すものです。

下記ページには具体的な成分と、各成分が含まれている食材もまとめられているので参考になるかと思います!

ファイトケミカルとは | 健康長寿ネット
ファイトケミカル(phytochemical)とは、植物が紫外線や昆虫など、植物にとって有害なものから体を守るために作りだされた色素や香り、辛味、ネバネバなどの成分のことです。本頁では、ファイトケミカルの健康効果・豊富に含む食品について解説します。

ポリフェノールはフィトケミカルの代表的なもので、よく聞く「カテキン」「アントシアニン」などもポリフェノールの一種です。

このフィトケミカルが体にとって「微量な毒」として働き、一時的に体内に影響を引き起こします。

その炎症を抑えようと体が働くことで、結果的に体が若返ります。

ファスティング(断食)

2つめが断食です。

断食にはさまざまな実施方法がありますが、手軽に導入出来て一定の効果がある「TRF」という断食法を紹介します。

TRFとは、特定の時間に食事を限定する方法です。

1日を「断食する時間帯」「食べていい時間帯」に分ける形です。

断食する時間帯は男性であれば16時間〜18時間、女性であれば12時間〜14時間が良いとされ、食事はこの時間帯以外で取るようにします。

上記時間帯を守れば1日の内どの時間を断食期間としても良いのですが、昼食と夕食のタイミングは自分でコントロール出来ないこともあるのと、空腹に耐えるストレスが比較的少なく済むという点から、朝食を抜くようにすることがオススメです!

ポイント
  • まずは「運動」や「食事」により、体に適度な苦痛を与える。
  • 「運動」ではウォーキングやHIIT-WB等が効果的。無理のない範囲から徐々に取り入れていく。
  • 「食事」ではフィトケミカルを含む食品を取ること、断食の導入等が効果的。

長くなってしまうので一旦前編はここまで!

後編では2つ目のステップ「徹底的に回復する」方法の一部をご紹介していきます!

今日はこの辺りで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました